賃貸と購入〜自分にあった家選び
■ それぞれのライフスタイル
この頃の女性のライフスタイルは、ある程度の年齢になったら結婚しなくてはならないとか、
あまりそんな話も聞かなくなってまいりましたね。一人で暮らしでも結婚しても、
自分の「資産」を持つということは特に女の人にとっては大切なのではないかと思います。
不動産は、上手に購入すると、人生を支えてくれる大切な「資産」となります。
自分が住んでも良いし、生活環境の変化で使用しなくなるなら賃貸に出して
その賃料を住宅ローンに充当する工夫もできます。
自分の家の考え方は、ずっと賃貸でもという方もあります。
購入も賃貸もそれぞれにメリットとデメリットがあります。
状況によってふさわしいときがあるという言い方となるでしょう。
ただし、資産形成の計画に住宅購入の項目を加えない場合は、一生他人の家に住むか、
賃料を消費していくことになると踏まえます。
賃貸と購入、ライフスタイルに合わせて、また、時期によっても、
それぞれのメリットを活かした上手な付き合い方を工夫します。

■ 賃貸のメリットとデメリット
○ 家族の人数や就労にあった住居に気軽に転居できる
○ デフレが続けば賃料は下がる傾向にある、ただしその逆もあり
×退職後・老後に住居費がかかる

■ 購入のメリット・デメリット
○ 老後、退職後に住宅費の心配がなくなる
×借り方によっては住宅ローンの支払が負担になる

 

01 安心な物件選びのポイント
02 初めての住宅ローン〜「お金の備え」
03 住宅購入のポイント〜いくらかかる?
04 ちょっとためになる資金計画の話
05 不動産の魅力〜上手な購入方法
06 女性が不動産を保有する意義
07 知って得する親族からの贈与と借入
08 賃貸と購入〜自分にあった家選び
09 じょうずな不動産広告の活用法
10 物件を見に行くときの注意点


もっと詳しく知りたい方は...

■「女性の不動産購入講座」こちらから

Queen's 表参道不動産 TOP



Copyright (C) 2008 The Omotesandou Fudousan Corporation. All Rights Reserved.