安心な物件選びのポイント
■ 住み替えられる不動産購入を
人のライフサイクルを考えると、家族の形態は変化していくものだということがわかります。
長い年月の間には周囲の環境も自分のライフスタイルも変ってきます。
そうなりますと、自分の状況によっては住み替えも考えなくてはならないことがあります。
ファミリータイプは「家」とは一生もの、と考えることがあります。でも「個」でもつ不動産ならライフスタイルの変化によって住み替えるというスタイルが望ましいのです。
そのためには、有利な条件で売却できる、または賃貸に出せるマンションであることを、購入する時から考えて物件を選ぶ必要があります。所有するのに安心な不動産とはこのような条件をふまえるものです。
物件選びのプライオリティイメージカット

■ 新築マンションと中古マンション どちらを選ぶ?

◇ 新築マンションのメリット
メリットは何と言っても、設備仕様が新しく、建物の耐久性もあり、昨今のものは人の寿命より長期間を望めるものもあります。
◇ 中古マンションのメリット
同じ立地なら、新築に比べて価格が低いこと。
古くから建っているので、駅に近く立地条件が良い場合が多い。
建物があるので実際にマンションの室内、管理を確認してから購入を決められる。

どちらがいいかは自分の購入目的です。
何のために不動産を購入するのか考えてみます。
設備が最新式などに価値をおく人は新築マンションが向くでしょう。またオリジナルな内装でなくてはという方には中古を購入してリノベイトするのが良いでしょう。
そして、予算が決まっているのなら中古マンションが広さも広く価格も低いものとなります。

 

01 安心な物件選びのポイント
02 初めての住宅ローン〜「お金の備え」
03 住宅購入のポイント〜いくらかかる?
04 ちょっとためになる資金計画の話
05 不動産の魅力〜上手な購入方法
06 女性が不動産を保有する意義
07 知って得する親族からの贈与と借入
08 賃貸と購入〜自分にあった家選び
09 じょうずな不動産広告の活用法
10 物件を見に行くときの注意点


もっと詳しく知りたい方は...

■「女性の不動産購入講座」こちらから

Queen's 表参道不動産 TOP



Copyright (C) 2008 The Omotesandou Fudousan Corporation. All Rights Reserved.