homewomenmen'sabout uspropertyfinancemediafeedbackprivacy policysearch

表参道不動産社長 加瀬恵子の日記

  音とリズム
Date: 2008-09-30 (Tue)
自分のまわりの音、いろんな音がしています。

たいてい人によって音は立てられるのですけれど

音の出し方とその人の様子は同じようなことなのです。

静かになさいませ。。。ということは、子供の頃によく言われましたが

子供というのは、子供のような音を立てます。

女の人で考えのある様子の人は、ほぼ無音です

ばたんばたん、音を立てる人は、その通りですし

耳だけ聞こえていると、顔を上げなくても、どんな人が近くにいるのか

なんとなくわかってしまいます。

私は、あまりうるさくして、他の人のお耳に障ることはないと思いますが、

歩き方のリズム音で私だと悟られてしまうようですから

私も何かしら音とリズムを持っているのだと思います。

どうぞ、ごきげんよう。
  整体
Date: 2008-09-29 (Mon)
先生という職業、本当に素晴らしいと思うのです。

先生は生徒にとって文化と教養の泉のようなもので

それまでになかった知識や考え方や

一人の人として自分を全部提供するような、そんな人だからです。

教育は仕事の中でも特別で、聖職なのでしょう。

学生のとき先生と十分コミュニケーションできただろうかと思うと

そんなこともなかったな。と思われ、もったいないことを致しました。

誰にとっても、先生となる人は必要で

そんなに尊敬できる人はまわりにいないんですよ。という人でも

それなら書物の中に探すのが良いことで

良い先生を見つけるなら、状況によらず、自分の軸を持ち続けることができます。

だれでも先生が必要ですし、だれでもだれかの先生になれるのです。

今日もお元気でお過ごしください。
  万年筆
Date: 2008-09-28 (Sun)
初めて自分用のパソコンを買った頃

まだその頃はパソコンは必需品という感じではありませんでした。

NECのSIPLEという機種だったのですが、当時、たいへん美しいパソコンで

他のものに比べて群を抜いていました。

ワイヤレスマウスという、そのときは画期的なものもあって

リビングにおいてもたいへんけっこうでした。

きれいなパソコン。シャープのノートは今見てもスタイリッシュと思われ

本当にノートのサイズで、うすくて、軽くて、キータッチが気持ちよく

文書を打つときは、これに限る。。。としたものです。

見た目の良いパソコン、機能はあまり変わらないようですから、

アクセサリーのように、万年筆のように

自分の手に似合ったものを選ぶと気持ちいですね。。。

楽しい日曜日を
  小曲(リート)
Date: 2008-09-27 (Sat)
ある人は、原稿用紙3枚書くのに、15分ということでした

これは、プロのペースなのだけれども

書くスピードとしてはおそらく普通の人と変わりません

普通の人でも、書き写しなさい、聞いて書きなさい、といわれたら

この筆記ペースでしょう

では何が違って、何を持って文章を書くプロかといいますと

すでに構成された文章を

蛇口をひねって、水を出すように書くことですから

書きながら、同時に考えも進めているということではないので

このシステムがあるかどうかが、

ものを書くことを職業とする人と、普通の人の違いなのでしょう。

歩きながら考え、テレビを見ながらも考え、食事しながらも考える

積もった思考は、文字になるときを気長に待っているということなのです。

今日も良いことがありますように
  美貌の手
Date: 2008-09-26 (Fri)
私は手のきれいな人が好きです。

暮らしの様子を表すようで、手がきれいな人は

お暮らしも丁寧なのだろうな。。。と思いはかれます。

先日、テレビできれいな手を見ました。

CMで映った手でしたが、理想的な手でした。

白くて清潔そうで、爪の長さがよかったことです。

爪は素で、その人の健康をうつしだしていました。

その爪は、伸びている部分がほんの少しで、

それがとても清潔な感じがして、その長さがバランスが良いと思い

その手の様子を、写真を撮るように記憶して

ノートに、「一番きれいな手」とタイトルをふり

絵に描いて記録しておいたのでした。

アンダンテ
  ふさわしさ
Date: 2008-09-25 (Thu)
街を歩いていると、いろんな人見かけて

若い人、年配の人、本当にたくさんの年代の人がある

年齢より若く見える人、相応の人、年上に見える人、

おおむね若く見えたほうがうれしいと言うのは、

あるかもしれないのだけれど

その機能のように見えるのが、一番良い様子に見えますから

ビジネスする人なら、働き盛りの元気な人に見えるのが

何歳になっても、働く人の目指す姿でしょうし、

人のもっとも美しい姿なのでしょう。

その姿は、機能性をともなっていてなくてはなりませんから

機能整い、姿整う。。。ということなのでしょう。

姿がその機能によって整っていることを、私は美しいと思うのです。

Symbol of fortune
  心の宝石
Date: 2008-09-23 (Tue)
長い編み物をするような、そんな作業が一段落ついて

なんとか、ここまで。。。とりあえず、といった気持ちです。

毎日いろいろなことがあるので

そのような出来事の積み重ねで、考えというようなものができますから

よくよく記憶のメンテナンスというものは大事にしたいことです。

きれいな記憶、嬉しかった記憶、そんなものばかり集めて

宝石のように大切にしまっておきたいことです。

記憶の積み重ね、考えの積み重ねが、たまに一つのもの集まることがあり

それは誰でもそうだと思うのですが

私という人を通して、集められた。。。

たとえばレンズが光を集めて一点の小さなポイントを作るような、

小さな宝石が、たまに作れたりするのです。

こんなことって、みなさんも日常に行って、きっとその宝石を

大事な人たちに見せてあげたりすると思うのですが

私も同じようなこと、しています。いつも、ありがとうございます。

心の宝石
  必修8単位
Date: 2008-09-22 (Mon)
大学などが定める一単位は45時間、学ぶことですが

さて、45時間でつくりあげられることって何でしょう。

ある分野で時間を決めて、45時間の学習を重ねるなら

相応の知識が身に付くという目安というところでしょう

45時間というのは予習復習と学校の授業を含めるところで

実際に先生に教わる時間はこの3分の1

残りの30時間は自己学習、自分で考えるということですから、

少なくとも30時間は教わるでない、自分のお勉強、

45時間を一つの学習につぎ込むことは、たいへんなことでしょうけれども

1日1時間を45日、同じ分野に積み重ねますと、年間8単位とれますので

1年に8つの分野を習得できた。。。としたことになります。

こんなこと毎年毎年、計画など立てて、続けていけたら、素敵ですね。。。

弥栄(いやさか)
  ガラスごし
Date: 2008-09-21 (Sun)
私はめがねを持っているのですけれども

これをすると、たいへんよく見えて、びっくりするのです

でも、日常的には、これほど見えることもないな〜、と

めがねをして、見えすぎる目になることに、躊躇します

このように、これがないと見えないわけではないので

めがねはきわめて個人的事情による場合のもので

人に会うときは、めがねをすることはありません

ガラス越しに。。。向かい合うというのが

目の前にカーテンがあるような感じが、

なんとなく、向かい合う人との距離があるように思えてしまうのです。

目がわるくないのでも、めがねをかける人が多くなったのは、

もしかしたら、今の社会心理のあらわれ???

楽しい日曜日を
  適量
Date: 2008-09-20 (Sat)
ある日大きなバッグをもったら

あれもこれもと入れたくなり

すぐに使うものではないものまで

入れてしまいました

ちょっと入れすぎたかな。。。と思いましたが

そのまま歩いてみたところ

重くて、いつものように歩けません。。

ところがバッグが小さいと

これに入らないものは入れられません

元気に歩くには、適量が大切。。。

私は私の適量が好きだな〜と思いました

私は、軽くて、小さなバッグが好きなのです

今日も良いことがありますように
  比例によらず
Date: 2008-09-19 (Fri)
名前がいろいろ出ていると、社会的な貢献が

パブリックなものとして行われなくてはならないようになってきて

こういう、自分のまわりにいる人に行う小さな親切にとどまらない、

社会的責任というものが、比例して増加することは求められます。

こういったことは、身をもって、

そうしなければならないもの、と感じるところで

たとえ見知らぬ人に対しても、広く声をかけていくというようなことで

ボランティア活動というのは、増加していきます。

では、ふつうは、そうしなくていいのかというと

そんなことはなくて、お互いがお互いを助けていくという精神は

限定された場所に限らずで

これこそ、いつか円を目指すような長い線を伸ばさなくてはならないもの

たとえば、となりの人にあげる小さな時間、やさしい言葉

こういうことが、世の中を良くしていくことになるのでしょうね。

お天気の良い日が続くとよろしゅうございますね。

Symbol of fortune
  何時何分
Date: 2008-09-18 (Thu)
先日私は予定を聞かれたときに

。。。ちょっとただいまはいっぱいで。。

といってしまって、あっ失言をしてしまった、と思いました。

用がない人などいませんので

みなさんそれぞれに多用なのですから、時間の重みは同じこと

自分の都合について、そんなこといって

本当にはずかしいと思いました。

そういう時は、だまって、○○日の○時から○分ほどいかがでしょうか

もしくは○○日の○時から、と言えればよかったですね。と

自分に言い聞かせたのでありました。

気をつけよう、失言!なのでした。

楽しい一日を
  民族衣装
Date: 2008-09-17 (Wed)
キルトというと、スコットランドの民族衣装。。。

近所でキルトをはいている人を見かけました

観光してる人の中で、一人だけだったのですが、

赤い色のタータンチェックが、とても目立っていました。

バグパイプなどもったら、本当に似合いそうでした。

外国で着物姿の人を見るなら、あんな感じなのでしょう。

民族衣装は、その土地の風土や生活にあったものなのでしょうから

たとえば、青山なら何でしょう。。。

TシャツとGパンのようなスタイルで、小奇麗なもの

こんなカジュアルな装いは、青山風の装いといった感じがします。

何をあらわしているかというと、スニーカーで颯爽と歩くような

そんなビジネスのある街ということなのでしょう。

青山風ビジネス
  Composition
Date: 2008-09-16 (Tue)
ここのところ根をつめてお仕事しておりまして

なんとなく完成が見えてきたので、今日くらいから少し安心しています。

決める。。。って、本当にたいへんなことで

他の人はそんなことないのかも知れませんが

いい決断をしようと思うと、あれこれ考え出してしまっていけません

標準地点のないようなことをしている場合

自分で標準地点という足場のようなものを設けようとしますが

。。それがどこなのか、位置さえ不明なことがありまして

でもでも、標準地点のような、ふつう。。。

そういえば、要らないのだったのです

そうでした、そうでした。。。と、そんなこと、昨日くらいから思い出し始め

もっと早く教えて、自分!と、思った次第です。

コンポジション
  万年筆用
Date: 2008-09-15 (Mon)
私の手帳ノート、だいたい1ヶ月でノート1冊くらい使います。

。。。ささやかにも毎日いろんなことがあるようで

仕事のこと、読んだ本、見た映画、試してみたいお料理から、

気になる情報まで、なんでも書いてあって、

文字が絵のように、白い紙の上にぱらぱら散らばっています。

図や絵で書くときもあり、図や絵のほうが、大量の情報が入ります。

図や絵がおもしろく描けると、満足感があります。

ロイヤルブルーのインクで、ノートがうめつくされて、

少しずっしりして、一冊が描き終わると、

本を書き上げたみたいな、充実感があります。

万年筆で書くのですと、紙はこのような大きさがいるようで、

ノートサイズということは、用向きにあった紙ということなのでしょう。

資産形成用
  静かな調度品
Date: 2008-09-14 (Sun)
シンプルな形のチェリー材の家具に心惹かれます。

明るい茶色の木材のこの色の、何の飾りもない家具

デザインはバランスの良い美しいフォルムでなくてはいけません。

せめて書斎という仕事まわりの調度品を、

なんら気になるものでなくしておきたいことです。

好きすぎても、嫌だな。。と思うようでもだめで、

これらはどちらも気にさわるので、

何も感じない、感情を動かされない、簡素というスタイルが

家具にとっては大事なのでしょう。

人は、常に何か思考している上に、情報にかこまれて、

しーんとした静かなときを、過ごしにくくなっています。

せめて家具は主張しない。。。静か〜な家具を置きたいのです。

今日も良いことがありますように
  尊敬
Date: 2008-09-13 (Sat)
丁寧な対応をしてもらったら、どんなにその人は嬉しいことでしょう。

きっと自分がとても大切な人のように感じるでしょうし

他の人を大事にできる人は、自分のことも大事にしていそうで

そのあたりが特に素晴らしいと思うもの

これは逆のことも言えるのですけれど

他の人への接し方は、その人がその人へどう接しているのかを見るようで

自分を大切にと言いますが

このような自尊は、他の人への接し方にもあらわれるようです。

。。。そうですね。他ならぬ自分の向かい合う人は

立派な人であってもらいたいですから、

そのように対応してあげなくてはならないのです。

良い週末をお過ごしください。
  広告
Date: 2008-09-12 (Fri)
毎日いろいろなことがあって、その時々の判断で

これはそのときできる一番のことを判断として行うのだけれども

こういう中でも、ずっと前のことなどは、ああすればよかった

と客観的に見て思うことがあります。

このような感情の入っていない冷静な処置なら

他の人にも、提供してあげられるものでもあります。

良いものを、良いものとして広めるには、知名度が必要ですけれど

名前が出るということは、誰の判断かが明示されるわけですが

そうだな。。。と受け入れる人が多くなるのは、

信用が必要になってくるのですから

いいものを見つけて、他の人にも役立つものであればいいと願ったときは

必然的に、知名度を上げていく必要が出てくるのです。

ごきげんよう
  原動力
Date: 2008-09-11 (Thu)
あの人がいるから、こうなっている

あの人の手助け、協力、親切。。。そんなことばかり思い浮かびます。

数えあげたら切のない、たくさんの愛情と優しさ、

そして期待してくださったこと

このような人たちのおかげさまで、仕事をさせていただいています。

また、直接的でなくても、遠くから応援くださる方々

いいじゃない。と思ってくださる人たちの存在。。。

こういう人の温かさによって、今日もあるというようなことです。

このようにして頂いていることを、とても感謝していて

機会があれば他の人にもぜひそうしてあげたいと願うところ

ものごとを推し進めるとき、その本人の力の小さいことといったら

おどろくべきものがあるのですが

こういう人の親切や応援が、実際はものごとを動かすのです。

Symbol of fortune
  自然
Date: 2008-09-10 (Wed)
秋というので茶色やダークグレーのようなお洋服

街のウインドウを飾っています。

例年、秋から冬にかけて、このような傾向多くなるようです

秋から冬にかけて黒っぽくなる、

???人は葉っぱなのだろうか。。。ふとそんなことを考えます。

あるブランドでは迫力のある展開、ヒョウ柄を打ち出していて

グレーな色がならぶウインドウの中で、ひときわ目をひくものでした

ヒョウ柄を着るのは内面とあっていればオールシーズン、その人らしくて

自分の気分にあった姿でいることは、自然なこと

似合う洋服とは、自分が自分のように人目に見えることなのですから

季節による色の変化はあまりないのじゃないの???と

お洋服について考えてみたのでした。

Urban Development
  ル・スタイル
Date: 2008-09-09 (Tue)
9月ということで、あと3ヶ月で今年も終わり。。。というと

文房具屋さんには手帳も並びだしそうというこの頃

手帳もブランド手帳など使ってみたりいろいろ遍歴あります。

カバーがあるということは、

そのレフィルを買うようになってしまいます。

そのほうが物を大切するような感じがしてしまうのです。

本当はそんなことはないのでしょうけれど

このごろは薄いノートを使っているのですが、軽くてけっこうです。

大胆にざくざく書き付けられるいろいろなことは、

あとで読み返すとおもしろく

ちょっとした本みたいになっていて、読者は本人のみですが

ならべると幅15センチくらいにの紙量になりました。

ル・スタイル
  青山の歩き方
Date: 2008-09-08 (Mon)
南青山にはブランド店がいっぱい。。。

そのあたりは外国人観光客が日本人より多いと思うのですけれど

観光客の中でも多いな〜と思うのは中国系の言葉を話す人々

その人々にこのごろ人気があるのが日本の某ファッションブランド。。。

お店のまわりには、本当にアジアの観光客が多い

観光で来て、そのブランド洋服を着て、青山を歩くというのは

もしかしたら青山の歩き方として流行っている???

いつも見ている風景ながら、このごろのアジアのパワー

買い物袋の量からして、欧米諸国を上回っていると思われます。

日本人はというと、いつでも買えるという余裕なのでしょうか

青山散歩を楽しんでいるように見えるのです。

。。。みなさんが楽しみにしているオーストラリア通信

オーストラリアでも韓国のパワーひしひしと感じるのだそうです。

星さんからのお便りをどうぞ。

オーストラリア通信
  今日のいろいろ
Date: 2008-09-07 (Sun)
・ウインナーコーヒーを飲みながらモーツアルトを聴くという風流

・コーヒーは表面に泡が出ているのがいいな〜と思います。

入れたてとか、濃厚そうに見えるからでしょうね。

・見た目より中身が良い、ということがあるけれども

質実剛健ということは好みに合うことです。

・自然のようなこと、好きだなと思います。

健やかに伸びている植物は、いつも変わらぬ機嫌の良い人にも似て

機嫌がいいんだな〜。と見ていますと

こちらもにっこり致します。

・夜の飲み物にホットミルク、はちみつか、黒糖か

栄養のありそうな、甘いものを入れて。。。

聞いたところによると、眠りに良いのだそうです。

・来週は3連休という人ありますね。

楽しい日曜日を
  今日も明日も
Date: 2008-09-06 (Sat)
先日のミレイ展、一人の画家が書いたものは、いくつかの区分があって

それは時代によったり、その時々の暮らしの背景によったり

いろいろなのだけれども、絵という一つの分野においても

様々に分類されるのを見て、

半世紀以上同じ仕事をするということの年輪。。。

半世紀行う一つの仕事。。。、これを成し遂げた人がうらやましくて

でも、仕事には終わりがないから

50年不動産の仕事を続けた私は、その時また必要な不動産のこと

創りだしていっていられたら。。。と思うことです。

たとえば70歳になった私は、不動産に何を加えるのでしょう。。。

そんな先のことも考えながら、

目の前の仕事いっしょうけんめいしたいと思います。

今日も良いことがありますように
  陣中見舞い
Date: 2008-09-05 (Fri)
余計な口をきく時間がない、余計な事を考える時間もない

こういう状態は人が戦闘体制に入っているようなときくらいしか

なかなかないのでしょうけれども

このようなことは仕事する人として、とても幸せなことで

何が幸福からといったら、自分なりに努力できるという環境なのだけれども

自分のできることすべて動員して行う時間は

真空にも似て、色でいうなら真っ白。。。

真っ白の時間ずいぶんすごしていると思うけれども

時おり入る励ましのお言葉。。。

自分のことでしていることとはいえ、応援はうれしいもの

こういうときは、真っ白でなくピンク色の気持ちです。

お心遣いくださるみなさまに、感謝感謝なのです。

楽しい一日を
  ミレイ展
Date: 2008-09-04 (Thu)
先日ミレイ展を見てきました。

特別なセンスのよさが端々に認められ、

有名なオフィーリアの絵は、夏目漱石も感動したそうですが

それは、つややかに色鮮やかで、たいへんきれいなものでした。

一人の人の作品は、1点ものですから

世界中のコレクターや美術館などに分散され

どう考えても、このようにまとまって一人の人の作品を見る機会は

ふつうにしていてはありえないことでしょう。

展覧会の開催にも感謝。。。

ミレイの作品には家族をモデルとしたものも多く

よき作品の発するところがよき家庭だったのでは。。。と思いはかられ

家庭の幸福もビジネスの成功も手に入れた人なのだとわかりました。

家庭の幸福もビジネスの成功も
  リーダー
Date: 2008-09-03 (Wed)
地頭という文字を見かけて、守護と地頭の地頭だと思っていて

地頭のような小組織のリーダーの管理力が大事だということなのだ思ったら、

読み方から違う。。 のだそうです。

。。。小組織の結束が、次の中組織の結束へつながるので

中心となる人と少人数のグループの結束、

リーダーシップ的にはそれがあればいいのではないかと思います。

一人で矢面に立てる人をカリスマといいますが、こういう人は素質第一

カリスマと補助的仕事をする秘書グループの関係で組織は動くけれども、

一般的には小グループのリーダー力があれば、立派にこなせるというもの

でも、小グループのひとりひとりがどれだけ組織全体のことを考えているか

私利私欲を抑えて組織として動く自制をしているか。。。

このベースがあってこそ機能するリーダー力なのです。

素敵な一日を
  取締役会
Date: 2008-09-02 (Tue)
会社で大きな権限を持つ役職は代表取締役。。。

でも、代表取締役の位置は取締役会の決定を発表するのと同じようなこと

取締役会は代表取締役も含んで、組織のブレーンとなり

顧問には各分野の専門家を備えている。。。

このように、組織の運営とは実に民主的なものです。

取締役会VS代表取締役、という対立は、

大株主である代表取締役とそれ以外の取締役の間で発生するもので、

代表取締役VS社会、ということになるのもこういったケースでしょう。

多かれ少なかれ、組織の中心はこのような構成なので

大株主でない代表者が辞任するということは、取締役会の責任

民主主義においての組織の代表者は、本来孤独ではないはず。。。

会社は取締役会の決議で運営するものなのです。

オーナーシップ
  フォーム応用
Date: 2008-09-01 (Mon)
昨日のマラソンをしていたフォームのきれいな人

ものごとを上手にするには、そのフォームを自分でもならい、

あまり自分で改良することなく身に着けることが大事。。。

基本といいましょうか、労なく平均的レベルまで持っていく

よくできたマニュアルなども

美しいフォームを分解したものでしょう。

世の中はマニュアルがいっぱいで、どれも違ういいところがあり。。

その中で、フォームをすんなり自分のなかに取り入れるには

そのスタイルに感動しなくてはなりません

昨日のあの良い走り方について、

私は走りませんが、あの体重移動と姿勢のよさは徒歩に取り入れ

そのフォームのように歩いて会社に来ました。




2008年|8月9月10月11月12月
2009年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月今日のお知らせHOME