30代、40代、ずっと安心のマネー設計

e2.jpg■ Chapter 5 「30代・40代、ずっと安心のマネー設計」

・一生安心のマネー設計

たとえば、安定収入が確実に入るのは定年の60歳までだとしよう。その後は収入がどうなるのか、数十年後の未来はよくわからない。経済も予測はできない。国の経済状態も改善されていればいいが。それはわからない。自分以外は当てにできないのだ。だから、『30代、40代』は、今から定年までの収入を使って住まいを買っておきたい。定年までにローンを終えるのは、定石というところだ。アラフォーなら、15年で支払うという手もある。アラサーなら、25年で支払うという方法もある。家があると、残りの生活費はいくらか、そう考えてみると気が楽にはならないか。家もある、家具もある、服もある。その他に暮らしにかかる費用とは趣味と教養の費用ぐらいである。定石を打つことで、30代、40代の将来への不安は止まるのだ。


・シングル男性、シングル女性の買っている家

シングル男性、シングル女性の買う家とは。等身大の洋服のような、イメージを持つといい。
今の自分の部屋と同じくらいにの広さが良い。価格は地域によって、その人の収入によって、一概には言えない。新築、中古にこだわりはないが、中古のよさは場所の良さである。新築で道路ふちでない物件、駅から遠い物件以外、都心では見かけない。建物は新旧で価値を決めるものではないから、大人買いの家としては、そのあたりに賢さを働かせたい。

 

■ 表参道不動産ブルジョア

TOPシングルのライフスタイルアラサー、アラフォーは、家を買う適齢期30代・40代、一生一回だけの不動産購入

大人買いの家ずっと安心のマネー設計アラサー・アラフォーの投資アラサー・アラフォー世代、シングルVSファミリー

30代・40代シングル向けマンションアラフォー向け都心の高級マンションおすすめリンク

 

表参道不動産トップページ女性のための不動産サイト独身男性向け不動産サイト富裕層向け不動産サイトお問い合わせ 

 

賢い女は家を買え.jpg 表参道に家を買う.jpg   ブランド.jpg    貧乏人は家を買え.png                            

■ アラフォー向け不動産 表参道不動産ブルジョア